スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第1話「魔神が目覚める日」
記事編集
ついに放送された、コードギアス待望の続編です。
ルルとスザクの決着の行方は・・・?
感想のあとに、色々考察もやってみました。
■ヴィレッタ先生
逃げるルルーシュと追いかけるヴィレッタ。
どうやら体育の補習をサボろうとしているルル。
化学反応による色素煙幕やルルの変装をしたリヴァルなど、頭を使って逃げたルル。
最後はロロの運転するリヴァルのバイクを使って逃走・・・

ってか、ヴィレッタがアッシュフォード学園の先生ですよ・・・(;・∀・)

■星刻
中華連邦からの訪問者、高亥とその使いである星刻。
星刻の刀を預かろうとするブリタニア兵ですが、その刀でベルトを斬られちゃいます・・・
さすが4000年の歴史ってやつですね。

■ターゲット
ルルとロロはカジノがあるバベルタワーへ。
そんなルルを「ターゲット」として監視する、謎のブリタニア兵・・・

■黒のキング
カジノに入ると、そこではイレブンが働き、ブリタニア人が遊ぶ構図が出来ていました。
そして、カジノで働いていたカレン。
そこにあらわれたのが、黒のキングと呼ばれるチェスの強者マフィア。
何かと偉そうな態度をとる黒のキングに、ルルはチェスで勝負を挑みます。

■黒の騎士団
ブラックリベリオンから1年、黒の騎士団の多くのメンバーは独房に入れられ、指名手配されているのがラクシャータとディートハルト。そしてゼロは「処刑済」とされていました。
ゼロの裏切りととるメンバーもいれば、ゼロの救出を信じるメンバーも・・・
っていうか、玉城がゼロを信じてるのが意外でしたね。扇さんは相変わらずのお人よしだから信じてるとは思ってましたけども・・・(ぁ

■テロ
チェス勝負で、勝ったルル。
しかし、黒のキングはルルがイカサマをしたように仕組もうとし、ルルを拘束。
そんなとき・・・飛行船に乗っていた黒の騎士団の残党が、カジノにテロを仕掛けます。
騒ぎの中でルルを連れていくカレン。
しかし、途中でルルはカレンを振り払い、ロロと一緒に逃げようとします。

■魔神が目覚める時
逃げる途中、ルルが足を滑らせ高いところから落下・・・
なんとか助かったルルは、ロロを助けようと再び上を目指します。
しかし、その途中で見つけた悲惨な屍たち。
そしてついに現れたC.C.。
ルルーシュを自分のもとへ誘おうとしますが・・・撃たれるC.C.。
現れたのはブリタニア兵。
ルルーシュを監視していたのは、C.C.をおびき出すためでした。

そして銃を向けられるルル。
力を欲するルルに、C.C.が応えます。

C.C.「力ならもうお前は持っている。忘却の檻に閉じこめられているだけだ。
思い出せ。本当のお前を。王の力を。今こそ封印を解き放つ。」


ルル「そうか。俺の日常に棘のように突き刺さっていた苛立ち・・・あぁ、全ては偽りの記憶・・・
思い出した。
俺は・・・俺は・・・俺がゼロだ!


そして浮かぶ第1期最後の光景・・・
スザク「ルルーシュ・・・赦しは乞わないよ・・・友達だろ?俺達・・・」
そう、あの日の決着はスザクがつけました。

ルル「私を処分する前に質問に答えてもらいたい。
無力が悪だというのなら、力は正義なのか?
復讐が悪だろうか?
友情は正義足りうるだろうか?
悪も正義もない。餌には只死という事実が残るのみ。
ならば君たちに事実を残そう。
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命ずる。貴様達は死ね!


まさに第1期のあのシーンと同じ光景。

「あの日から俺の心には納得がいかなかった。
噛み合わない偽物の日常・・・ずれた時間・・・別の記憶が植え付けられ家畜の人生・・・
しかし、真実は俺を求めている。
そう・・・間違っていたのは俺じゃない・・・世界の方だ!世界は変わる。変えられる。


そして集うカレンら黒の騎士団。

「私はゼロ。世界を壊し、世界を創造する男だ!」

このくさい名言を待ってたよ・゚・(つД`)・゚・(ぁ

■強い意思
最後に謎の3人が。
そのうちの1人はスザクでした。
「誰にも譲るつもりはありません。ゼロを殺すのは自分です。」


■総評
やっぱりギアスはいいですね!
1話から怒涛の展開ですし、どういう形で持ってくるか気になってましたが、やっぱり素直に第1期の結末を教えないのが、このアニメの真骨頂ですよ。(ぁ
深夜じゃなくても、興奮をおさえきれない展開はさすがです。
次回も楽しみです♪

■考察
1.神根島での決着
最後、ルルとスザクが互いに銃を向け合って終わった第1期。
第1話を見る限り、銃を撃ったのはスザクのほうだったと思えますね。
「赦しは乞わないよ・・・友達だろ?」っていうセリフや、最後の「ゼロを殺すのは自分です」というセリフからも、相当強い意志が感じられます。

これは推測ですが、ルルはスザクに「生きろ!」というギアスをかけてますよね。
この命令が短期的なものでなく、長期にわたって継続していたギアスなら、スザクは自分が死ぬような行動はとらないですよね。つまり、ルルに撃たれる前に撃つと思います。
ただ、ルルが死ぬとサクラダイトによる大爆発が起こりますから、その辺との噛み合いがちょっとわからないところです。


2.ナナリー?ロロ?
ナナリーの存在がないです。
ルルもロロのことを「たった1人の弟」と言っていました。
う~ん・・・わからないですね。

ここで手がかりになりそうなのが、ラジオ番組「るるくるステーション」のコーナーで、いろんなモノになるナナリーを諭すみたいなコーナーですね。
「ナナリーがいろんなモノになる」という設定、ラジオで勝手に作った設定とは思いたくないところです。
だとすれば、何らかの力を得たナナリーがいろんなモノになり世界を見ている・・・たとえば、何一つ体に不自由のない弟の目線から・・・とか・・・


3.記憶操作
第1期とのキャラが変わってしまったキャラを見ていきたいと思います。

・ルルーシュ
とりあえず、普通の学生に。ナナリーの記憶はなく、自分がゼロであったことも忘れてました。
しかし、C.C.との再会によって、記憶を戻しました。

・カレン
黒の騎士団であることに変わりはないです。
アッシュフォードの学生かどうかは不明。ただ、記憶が戻る前のルルがカレンのことを知らなかったので、今回は学生じゃないみたいです。
また、ルル=ゼロであることを知っていてルルを「ゼロ様」と呼びました。
ルル(ブリタニア人)がゼロであることを認めた・・・?

・ヴィレッタ
軍人と全く関係ないポジションに。
なぜそうなったかは不明。

・シャーリー
普通に「ルル」って呼んでました。
1年の間でまた関係を戻したのか、それとも記憶の変化によるものか・・・不明です。

そもそも、この記憶・性格の変化というものが、どのようによってなされたのかが不明。
一応ルルはC.C.との接触によって記憶が戻ったので、それと関係が・・・?


4.最後に・・・
気になることが1つ。
OPにオレンジらしきシルエット写ってませんでした?
気のせいかもしれませんが、一応人気キャラですし、名言も期待できますよね。


というわけで、次回も楽しみです。

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2008/04/07 19:38] アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪「笑っていいとも」声優さん特集 | ホーム | 4/5 アニスパ!/こむちゃ/黒うさ/DGS 感想≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/930-f4abb9f4
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。