スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に解 第23話「祭囃し編 其の拾 血戦」
記事編集
ハチクロ最終回を観て、結末がわかっていながら不覚にも泣いてしまいました。(ぁ
なんだかんだで野宮さんもカッコいいと思いました。(ぉ
それでは、こちらもあと1話で完結、ひぐらし解の感想です。
■トラップ
もはや山の中は完全に雛見沢メンバーの手中に・・・
至る所に仕掛けられたトラップの山。
武器を持った大人達すら苦しめるのはさすがです・・・(;・∀・)
当たり所が悪ければ死ぬっていうのが、まさに本気のトラップですね(;・∀・)

■再会
悟史救出に向かった、詩音・葛西・赤坂・入江先生の4人。
奇襲を仕掛けるつもりでしたが、上手くできず、警報装置を鳴らされてしまいます。
警報装置により、アラームから120秒後ガス散布システムが・・・
しかし、葛西の恐喝によって一難を逃れます。怖い・・・
そして奥の部屋へと向かう詩音。そこでついに感動の(?)再会でしたが・・・

■帰る日まで・・・
悟史の精神的なダメージは深刻でした。
それだけ雛見沢症候群の末期症状がすごい重さだってことですよね。
治療のことは全て入江先生に任せ、いつか悟史が雛見沢に帰るその日まで、詩音は待ち続けることを誓うのでした。

■虚しさ
心理的ダメージすら与える、口先の魔術師&オヤシロ様コンビ。
こんなんでビビっちゃう大人もどうかと思いますが・・・(;・∀・)
ほぼ壊滅状態に陥った組織、そして鷹野さんへの将来不信を唯一の頼みである小此木も感じます。
富竹が鷹野さんに悲しい人と言った意味、お金だけの組織力、本当の信頼で結ばれていない組織の結末でした。

■強行突破
赤坂たちは車で脱出を図りますが・・・
ミサイルを持った部隊に遭遇・・・もう強硬突破するしかないですね。

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2008/03/19 09:39] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(1) | コメント(0) | top↑
≪ひぐらしのなく頃に解 第24話「祭囃し編 其の拾壱 オシマイ」 | ホーム | DGSファンに25の質問≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/907-9c42abdc
「野宮さん」についての最新ブログのリンク集
野宮さん に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… 話題のキーワードでブログサーチ![2008/03/19 16:23]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。