スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に解 第18話「祭囃し編 其の伍 最後の駒」
記事編集
気付けば毎日更新してますね。
この調子で来月も更新していけたらと思います。
ではひぐらしの感想です。
■部活発足
部活の発足は沙都子を元気付けるために発足されたみたいです。
部活の内容が遊びであること、遊びも服を汚さなくても遊べるインドアでのゲームであることも、全て沙都子の叔母のことを配慮してのものでした。

■再び雛見沢へ・・・
都会に住んでいたレナですが、母親との不和や雛見沢症候群の発症もあり、再び雛見沢へ。
レナが「オヤシロ様」と感じた姿が羽入であることから、「オヤシロ様=羽入」ということですかね?

■悟史失踪の真実
アルバイトをして、沙都子へのプレゼントを買った悟史。
しかし、プレゼントのぬいぐるみは大きすぎて一人で自転車で運ぶのは不可能。
そこで、入江先生にお願いし車で運んでもらうことに。
しかし、プレゼントを買ったことでそれまで抑えていた自制心がきれ、雛見沢症候群が急性発症。
殺した叔母の幻が見えてしまい、首を掻き始める悟史。
すぐに入江診療所に行き、強制入院されました。

■外来者の訪問
カメラを持ってやってきた観光客に、雛見沢への訪問を請う梨花ちゃんと羽入。
その訪問者の名前は「前原」でした。

■園崎家の真実
園崎家が願うのは、村の変革。
今回ツアーを開き、よそ者を招き入れようとしたのも、今の古い雛見沢のしきたりを打ち壊す「風」が欲しかったから。
北条家とのわだかまりも本当は解消したくて、あくまでその役割を他に任せて解決に導こうと思っていました。

■最後の駒
圭一が村に引っ越してきて、今まで通りの駒が揃いました。
しかし、今回はそれだけでは終わりません。
100年かかってやっと最後の駒を手に入れました。
羽入という最後の駒は新しい世界に何をもたらすのか・・・

■まとめ
●オヤシロ様の祟りの真相
・4年目:北条家叔母殺人事件と悟史失踪事件
悟史は野球の自主練という口実で入江先生からバットを借り、そのバットで叔母を殺害。
その後、アルバイトで稼いだお金で沙都子へのプレゼントを購入。プレゼントが大きいため、入江先生に車で運んでもらうことに。その途中、自制心で抑えてきた雛見沢症候群が急性発症し、そのまま入江診療所に。結果、悟史もぬいぐるみも診療所に監禁されたことで、行方不明という扱いに。

●オヤシロ様=羽入
レナが雛見沢症候群の発症時にみたオヤシロ様の幻影。
その姿が羽入であったことから、オヤシロ様=羽入と考えてもよい?

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2008/02/26 22:07] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪ポケ声ファイト2月分感想 | ホーム | ひぐらしのなく頃に解 第17話「祭囃し編 其の四 謀略」≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/891-64f7267b
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。