スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に解 第17話「祭囃し編 其の四 謀略」
記事編集
レポート課題が全部終わりました。
やっとすっきりした休みを過ごせます。
せっかくなんで、レンタルDVDを観てしばらく過ごしたいと思います。
では、ひぐらしの感想を。
■女王感染者
雛見沢症候群の女王感染者について調べたいため、事前に古手家に協力を得て梨花ちゃんの検査を依頼する入江先生。
梨花ちゃんは快く了解してくれました。

■入江先生の過去
入江先生の過去が明らかになりました。
父親が事故で頭を強く打ち、精神的な異常で暴力をふるうようになった。
そのため、精神分野についての崇高な研究意識を持つようになった入江先生。
鷹野さんと同じくらい高い研究意識を持つ入江先生ですが、2人の違いは明らか。
研究のために人の命を奪ったことに罪の意識を持つか、持たないか・・・

■心の雫
梨花ちゃんの協力で、雛見沢症候群の発症を抑える試薬がつくられるも、未だ使用を躊躇する入江先生。
試薬によって沙都子の命を逆に奪ってしまうかもしれないことを恐れる入江先生に、梨花ちゃんは諭すように入江先生に訴えます。
沙都子を助けたいと強く思う梨花ちゃんが自らの体を差し出し、そこから生まれた薬には心の雫が入っている。人の命の尊厳を強く守る入江先生の心の雫はきっとその試薬にも込められていると信じて・・・梨花ちゃんはその試薬の使用を強く望みました。

■目的の達成
かつて足で踏みつけたような研究結果の内容を食い入るように読む東京の上層部。
鷹野一二三の無念を晴らした鷹野さんの顔には不適でどこか満足げな笑みが・・・

■北条夫妻転落事件の真相
その事件の犯人は沙都子でした。
両親との不和に苦しんでいた沙都子は、事件後に発症したと思われていた雛見沢症候群L5を既にこの段階で発症。そのため、車に取り残されていた沙都子は両親に殺されるという被害妄想におそわれ、両親を崖から転落させました。

大石さんにしつこく追われている沙都子を守るために、入江先生は鷹野さんにお願いし、この事件を事故と断定してもらいました。

■オヤシロさまの祟り
梨花ちゃんが高熱を出し、古手家から梨花ちゃんの検査を止めるよう依頼が。
両親の願いの前にはどうしようもできない入江先生に苛立ちをおぼえた鷹野さん。
研究ができなくなるのを恐れた鷹野さんがとった行動は・・・
毎年誰かが死に、誰かが行方不明になるという「オヤシロさまの祟り」になぞらえた古手夫妻の殺害でした。

■水の泡
一二三の寄生虫説を信じていた小泉が亡くなり、それをうけて機関が動きます。
もはや寄生虫説を支持する人間がいなくなったため、機関の研究を十分とし3年後の解散を鷹野さんに命じます。
やはり寄生虫説を信じてもらえず悔しさをこらえきれない鷹野さん。
そこに現れたのは謎の女性・・・田中理恵さん、いいっすね( +・`ω・´)b☆(ぁ

■派閥争い
もはや上層部のスケープゴートにされた鷹野理論。
その上の連中を倒そうとする謎の女性。
自分の野望を果たすために選ぶ道は今とれる道を選ぶこと・・・
そのために鷹野さんは再び立ち上がりました。

■まとめ
●オヤシロ様の祟りの真相
・2年目:北条夫妻転落事件
犯人は沙都子。原因は雛見沢症候群L5の発症による発狂から。東京によって事故と断定された。
・3年目:古手夫妻殺人事件
犯人は鷹野さん。動機は梨花ちゃんの検査を断られたことから、自分の研究の妨げになったため。

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2008/02/25 21:27] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪ひぐらしのなく頃に解 第18話「祭囃し編 其の伍 最後の駒」 | ホーム | 2/23 アニスパ!/こむちゃ/黒うさ/DGS 感想≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/890-9b9adb2d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。