スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に解 第16話「祭囃し編 其の参 終わりの始まり」
記事編集
ひぐらしの感想のおかげで更新間隔が保たれてるこのブログ。
とりあえず明日リニューアルします。
■園崎vs北条
ダム建設をめぐって、反対派の園崎家と賛成派の北条家が対立。
この対立を止めることができない羽入は、ただ謝ることしかできず・・・

■L5
沙都子が雛見沢症候群L5を発症。
今回が2度目で、前回は両親が死亡した際の警察による取調べからのストレス。
今回は叔父叔母が沙都子・悟史を引き取ってから起こりました。

雛見沢症候群の研究対象である沙都子を擁護する入江先生と鷹野さん。
鷹野さんは人体解剖を望んでいるようですが、入江先生は反対しています。

■辛さ
色々な人からの攻撃が叔父によるものだと混乱し怯えている沙都子。
叔母と沙都子のいざこざから開放されたいと苦しんでいる悟史。

■生体解剖
東京からの報告結果では、寄生虫による報告はみつからず・・・
入江先生の考えでは、機能が死んだものからは寄生虫が見つからないといいますが・・・
それを受けて鷹野さんは・・・マジモード突入です。怖い・・・(;・∀・)

■お色気作戦
富竹に近づく鷹野さん。お色気を使って富竹を惑わします。
うん・・・女って恐ろしい・・・(;・∀・)

■ダム現場監督殺人事件の真相
ダム現場監督バラバラ殺人事件の謎が明らかに。

恐らく雛見沢症候群のL5が発狂したダム現場の監督が他の従業員を襲います。
抵抗し、逆に監督を殺してしまう従業員たち。
その中で正当防衛を主張し警察に報告しようとするものが。その者たちの口封じをするために、ある一人がとった行動は死体をバラバラにして、一人一人責任をもって死体を隠すこと。
監督を殺した人間は6人、そこで死体を六等分することに。

そのうち、右手を持った人間が発狂した状態で機関に捕獲されます。
そのまま診療所に運ばれ、鷹野さんの生体解剖対象に。

■誤解
殺された監督と深い関わりがあった大石さん。
大石さんの見解では、園崎家との関連によるものとしますが・・・

■「終わりの始まり」の鍵を握るのは・・・
沙都子を救うことができる・・・今の雛見沢の現状を打ち破ることができるのは、村のしがらみに囚われない外来者。その「彼」が来たときこそ、「終わりの始まり」なのであると、梨花ちゃんと羽入は信じているのでした。

■まとめ
・ダム現場監督バラバラ殺人事件の真相
右手が見つかっていないのは、右手を隠そうとした犯人の一人が雛見沢症候群L5を発狂した状態で機関に捕まったため。右手はそのまま機関が所持(あるいは処分)。
・大石さんの園崎家へのこだわり
以前から親しかった監督が殺されたことに関して、ダム建設に反対していた園崎家が関与していると勘違い。

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2008/02/23 21:23] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪2/23 アニスパ!/こむちゃ/黒うさ/DGS 感想 | ホーム | ひぐらしのなく頃に解 第15話「祭囃し編 其の弐 蠢き」≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/888-0aa3a52d
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。