スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に解 第5話「厄醒し編 其の四 雛見沢大災害」
記事編集
さて・・・アニメひぐらしの感想です。
厄醒し編最後となります。
とうとう雛見沢大災害ですよ・・・(;・∀・)
何気に厄醒し編は大事なキーが多かったと思います。
■すぐに会える
誰かが外にやって来ました・・・いち早く気付いた沙都子は梨花ちゃんを起こして、逃げようとしますが・・・
自分が目的だと言って、沙都子を隠す梨花ちゃん。
「大丈夫なのです・・・またすぐに会えますから」
そう言って梨花ちゃんは行くのでした。

そして男たちの目的はやはり梨花ちゃんでした。

■目撃・逃走
梨花ちゃんを探しに出る沙都子。
そして神社の境内で見つけたのは・・・梨花ちゃんの死体。
悲鳴をあげてしまう沙都子の存在に気付いた男たち。沙都子も気配に気付いて逃げ出します。

逃走中、つり橋の上で足を滑らせ落ちそうになります。
必至にロープに捕まる沙都子でしたが・・・ついに転落してしまいます。

■完全閉鎖
外との繋がりを完全に遮断された雛見沢。
そして、なんとか学校に辿り着いた沙都子が見たものは・・・
マスクをした謎の集団。そして・・・
積み上げられた仲間達の死体・・・

悲鳴をあげる沙都子。生存者として確保されます。

■廃人状態
精神的ショックで廃人状態の沙都子。
まぁ・・・無理も無いですよね。

■レナの行方とメッセージ
大災害のあった地域から少し離れたところで発見された、血痕付きのレナの帽子。そしてレナの死体も出ていない・・・
レナ以外にも20人ほど行方が不明だとか・・・

しかし、全く反応しない沙都子でしたが・・・
梨花ちゃんの事件のことになると、一瞬反応を起こしました。

そしてその晩・・・沙都子が目撃したのは梨花ちゃんの惨殺事件のことだと気付いた大石さんは急いで病院へ・・・

そして沙都子もレナのメッセージに気付き、目覚めます。
ナースコールをかけましたが・・・

大石さんが駆けつけると・・・沙都子は心不全で亡くなってました。
にしても・・・看護婦の対応が怪しすぎます。

大石さんの怒り・悔しさがめちゃくちゃ伝わってきましたね。

●疑問点●
・雛見沢大災害は「災害」じゃない
たぶん人為的なものとして自分の中では確定です。というのは、レナのメッセージです。

なぜレナは災害を察知して逃げることができたのか・・・それはたぶんレナは災害を察知できるような何かを目撃したんでしょう。自然的なガス災害の察知はまず難しいと思いますので、やっぱりガスの発生源となる何か、あるいは発生させているところを見たのではないかと思います。だから逃げようとしたけれど何者かに襲われた・・・と考えます。

ややこしくてすいません・・・

・被害者の違い
祟殺し編:生存者は圭一、行方不明者は沙都子(鉄平は死亡としていいでしょう)、逃亡中に事故死したのは知恵先生・亀田君、詩音・葛西は病院で死亡でした。

厄醒し編:生存者は沙都子、行方不明者はレナほか20名。圭一・詩音・知恵先生は災害によって死亡しています。
祟殺し編だとレナのように証拠を残せそうな人はいませんね。
先ほどの推理が正しければ、知恵先生の事故死も怪しいかな・・・?

・看護婦の怪しい態度
なんか大石に対しても不信な態度をとっていた看護婦でしたが・・・
沙都子からナースコールを受けたときは明らかに怪しい!
一体何の目的で・・・

■厄醒し編感想■
結末的には祟殺し編別Ver.といった感じでしょうか。
沙都子が生存者となるお話でした。
レナが逃走するという形も大きかったと思います。
う~ん・・・未来を是非とも変えて欲しい!
そして皆殺し編に期待していきたいと思いますw

次回、皆殺し編 其の壱「迷路の法則」

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2007/09/05 17:07] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(1) | コメント(0) | top↑
≪9/8 アニスパ(10時)/こむちゃ/黒うさ/反逆の山々DX 感想 | ホーム | ひぐらしのなく頃に解 第4話「厄醒し編 其の参 予定調和」≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/799-81a62c81
レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第5話 厄醒し編 其の四  「雛見沢大災害」 
品質評価 9 / 萌え評価 4 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 49 / お色気評価 8 / 総合評価 17レビュー数 162 件 『大丈夫なのです……またすぐに会えるのですから…』『梨花……?』綿流しの日から数日後のある夜、突然の襲撃を受け、梨花は不審な男たちに連れ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン[2007/09/06 20:36]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。