スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 第2話「還る処」
記事編集
アニメひぐらしの感想ですw
父を想うレナが遂に起こした行動は・・・
連載中の罪滅し編の感想(最新号)もしています。
一応こちらは隠しておきます。
ある日、家に帰るとそこにはリナが。
大事な話があると言われますが、友達と待ち合わせと嘘をついて家を出ます。
まぁ、リナの正体を知ったからには面と向かって話せませんよね。

しかし、ゴミ広場に行っても、レナを追ってきたリナ。
そこでリナは大事な話をします。
リナの話は、レナの父親と結婚したいとのこと。
やっぱりこの話キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
しかしレナは、あっさり、そして強い反対。当然ですな。
するとリナ、妊娠してるとか言ってきました。
「嘘だッ!!」とレナ。
そこでレナは知っていることを全て打ち明けます。
そしてリナは・・・

レナ、首をしめられてピンチ。
しかし、近くにあった硝子の破片で攻撃して切り抜け、そして・・・
鉄パイプで殴りつけ撲殺。祟殺し編の圭一の鉄平殺害のシーンを思い出しました。

帰宅すると、鉄平がレナの父に金を要求している現場を目撃。
そしてレナは・・・

リナが待っている、と嘘をついて鉄平に接近。
ゴミ広場に連れて行きます。
電池が切れる懐中電灯、真っ暗になり、鉄平がライターをつけると・・・
レナの姿はなく、いつの間にか鉄平の背後に立っていました。鉈をもって・・・
そしてグシャァ!と思いっきり一刀両断。当然ながら頭割れてました・・・

ちょ・・・怖い・・・冗談抜きで。

次の日、レナは部活を休み、ゴミ広場へ。
そこでレナは二人の死体をバラバラにし、袋に包んで冷蔵庫に。

しかし、部活の仲間に見つかってしまったレナ。
そして罪滅し編第1話の冒頭に戻るわけです。

ここから仲間の絆を象徴するシーン。
和解した5人は協力して、死体を洞窟(?)に運びます。

レナとわかれた後、4人は今日のことは忘れようと約束します。

時は経って綿流しのお祭り。
再び平和に暮らしている5人・・・
しかし、5人に目をつけている男が一人・・・

【漫画罪滅し編】(伏せてます)
こっちはレナの過去がメインでした。
非常に詳しくレナの過去が明らかにされてました。

レナの両親が離婚した後のレナの様子。
クラスメートをバットで攻撃したこと、カウンセリングでの「オヤシロ様が来てしまった」の意味、うじ虫のこと・・・
ほとんど納得です。
謎なのは、レナが見えたオヤシロ様は何なのか。
精神的におかしくなっていたのはわかりますが・・・蛆虫が見えたのと同じく幻覚・幻聴なんでしょうか。

そして今回のアニメが来月号ですね。
リナ・鉄平殺害のシーンはちょっと怖いかも・・・


●ここでちょっと推測(伏せてます)
今回の話から、ちょっとだけ鬼隠し編の真相を考えてみたいと思います。

もし罪滅し編も「鬼隠し編の見えなかったところ」を表すものならば、大石さんと圭一の会話がレナたちを怒らせた理由もわかる気がします。
忘れようと約束した、黙っていようと約束した今回のことを、大石に圭一が話したのではないか?とレナや魅音が疑ったのなら、なんとなく話が合うような気がします。
オヤシロ様の祟りで富竹さんが殺されたことで次は自分が・・・と圭一が勘違いしたことで、レナたちに本当のことを言えなかった。と考えます。

あとは今後の圭一が狙われていく過程ですが・・・
そこはまだ不明ですw(ぁ
まだ3話ありますし、明らかになるといいです。


それにしても、もうあと3話ですか・・・

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2006/09/10 19:01] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(2) | コメント(0) | top↑
≪9/11 雑記 | ホーム | 9/9 雑記≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/445-788022d0
ひぐらしのなく頃に 第23話 『罪滅し編 其の弐 還る処』
~アニメ ひぐらしのなく頃に 第23話 『罪滅し編 其の弐 還る処』 について~※一部、原作を基に記していますので原作未プレイの人はご注意下さい。でも、ほとんど自分の考えた言葉で書いています。【 レナの道 ~過ちの INFINITE-COSMOS ~Eternal~[2006/09/10 22:16]
レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に/第2話 「鬼隠し編 其の弐 隠しごと」
品質評価 12 / 萌え評価 18 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 39 / お色気評価 4 / 総合評価 21レビュー数 123 件 『そして、5年目の綿流しってのは…つまり…』『今日なのよ…』…ダム工事に関連するバラバラ殺人事件、それは確かな事実だった。衝撃を受けな ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン[2007/10/04 18:19]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。