スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ひぐらしのなく頃に 目明し編 第6話「断罪」
記事編集
見ました・・・目明し編ラストです・・・
胸が痛いです・・・今回は本当にきつかったです。
痛々しい表現が苦手な自分がよくここまで見れたなと、少し自分で自分を誉めたいです・・・
では感想です。
前回のはじめと同様、圭一と詩音の電話から。
前はアイス食べながらでしたが、今度は血を拭きながらですか・・・
なんでしょうねこれ・・・

梨花ちゃん&沙都子捜索のシーン。
今見るとすごく納得のいくシーンですね。

そして沙都子殺害のシーン。
もう気分は最悪です。すごく心が痛みました。
にーにーのために痛みに耐えつづける沙都子、必死に謝り続ける魅音、そしてひたすら沙都子に痛みを与えつづける詩音・・・
沙都子の想いが強く伝わるシーンですが、これはあまりに惨く、あまりに酷すぎます・・・
このシーンでは悲しさのあまり本当に涙が出ました。

沙都子を殺した後、悟史との最後の会話、そして約束を破ってしまったことに気づく詩音。
もはや自らを『鬼』だと思い込みます。

話は進んで、圭一を地下祭具殿に連れていたときの話。
自分が詩音か魅音かもわからない詩音、その詩音を魅音だと勘違いしつづける圭一。

圭一をスタンガンで気絶させたあと、魅音を釈放。かと思いきや・・・
向かった先は隠し井戸。
しかしそこで衝撃の事実。

婆っちゃさんが詩音と悟史の交際を認めていたこと、悟史失踪の件に関しては園崎家、さらには村の人すらもオヤシロさまの祟りを実行していないことなど・・・
詩音にスタンガンで気絶させられた魅音は井戸の底へ・・・そして詩音は・・・

生き延びた詩音、マンションに戻りますが・・・
幻聴に怯える詩音はベランダから壁をつたって部屋から脱出。
向かった先は・・・圭一の家。

圭一を殺傷後、同じルートで帰宅。のはずが・・・
壁をつたってる途中でポーチがひっかかり転落・・・

最後に詩音が思ったことは・・・
悟史と殺めてしまった人たちへの謝罪と後悔の念・・・
でも気づいた時にはもう遅かったのです・・・死ぬ間際になってやっと気づいた彼女は人間として大事なものを忘れすぎていました。


最後、詩音は自殺じゃなかったんですね。
そしてその後圭一は魅音(詩音)の幻覚を見るわけですが・・・

これはなんでしょうね。冒頭でも述べましたが、本当に心が痛む物語でした。
感動は・・・正直なところ、なかったです。
「ひぐらしのなく頃に」という物語の中で、「命の尊厳」というものには特に触れられていませんが、そういったものを自分はもう少し考えたいです。

次回からは罪滅し編ですw
鬼隠し編の謎が明らかになるみたいです。
目明し編よりは落ち着いた話であることを心から望みます。

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2006/08/28 23:21] ひぐらしのなく頃に | トラックバック(2) | コメント(0) | top↑
≪いぬかみっ! 第21話「しっかりともはねっ!」感想 | ホーム | ひぐらしのなく頃に:コミックス「暇潰し編1巻」感想≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/434-e1806121
ひぐらしのなく頃に 第21話 『目明し編 其の六 断罪』
~アニメ ひぐらしのなく頃に 第21話 『目明し編 其の六 断罪』 について~※一部、原作を基に記していますので原作未プレイの人はご注意下さい。でも、ほとんど自分の考えた言葉で書いています。(今までの記事も☆)文章 INFINITE-COSMOS ~Eternal~[2006/08/29 22:18]
レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に/第6話 「綿流し編 其の弐 タカノ」
品質評価 14 / 萌え評価 27 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 44 / お色気評価 7 / 総合評価 27レビュー数 85 件 『圭ちゃん、ワタって言いません?…臓物のこと。』…今年も綿流しの夜がやってきた。祭りの最中、圭一は富竹や鷹野、詩音と会い、雛見沢ダム計画 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン[2007/09/28 19:03]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。