スポンサーサイト
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
ヴァンパイア騎士 Guilty 第1話「運命の罪人達~ギルティ~」
記事編集
今期はアニメ感想が少し多くなります。
今の予定では・・・
・とらドラ!
・ヴァンパイア騎士 Guilty
・機動戦士ガンダムOO
です。まだ今期チェックしてないんで、場合によっては増えるかも・・・

っていうか、ヴァンパイア騎士やっぱりおもしろいっす(´∀`*)
■復活
相変わらず大人気のナイトクラス。
1人でデイクラスを抑えられない優姫のもとに・・・
零が久々に現れます。
「零・・・おかえり」
「ただいま」
この二人の関係に枢は何を思うか・・・

■お願い
枢からナイトクラスに頼み事。
そのお願いにみんなが応えますが・・・
何人かは不安げな様子・・・

■零
優姫を抱えたときに枢と間違われた零。
そして枢の血を吸ってからたびたび浮かぶ"化け物"の姿・・・

本当は閑の血を吸わなければレベルE化は止められなかった。
けれど、その血を飲めなかった零。
零に残された時間は・・・気になって仕方が無い優姫でした。

何かがしたい一心で、零に血を捧げようとする優姫。
しかし、零にはそれが気に障ってしまいます・・・

「優姫にとって俺は何なんだ?」
「私にとっての零?」
「俺のために無茶なことをするのはやめてくれ・・・そんなに頼りないか・・・」

■まり亜復活
目を覚ましたまり亜。
零の存在を知り、閑の死を知るまり亜。
閑に体を捧げたまり亜、その代わり自分の病弱な体を丈夫にしてくれることを約束してました。
そして・・・まり亜から錐生家を襲った黒幕の存在があったことを知る零。
そして浮かぶ"化け物"の姿。

■容疑者
零を狙ってきた元老院の刺客。
緋桜閑殺害の容疑で、元老院から零を捕まえる刺客が・・・
しかし、相手を圧倒する零は、自分の力の増幅を感じます。
さらに、そこに枢率いるナイトクラスも登場。
その力はさらに圧倒的・・・
枢が零を庇ったことを元老院に報告されることに・・・

枢の合いの手を拒否する優姫。
零が閑を殺害したことを「わかってない」と批判する優姫。
さらに絶交されちゃいました・・・(;・∀・)
一条に「子どものケンカじゃないんだから」と馬鹿にされ・・・
ってか、自分も同じこと思ってました( +・`ω・´)b☆(ぁ
視聴者の気持ちを代弁してくれた一言。
でも、まさかの本気モードな枢でした。おいおい・・・(;・∀・)

■力の源
枢を待ち伏せする零。
「何か用?」
「あんただろ・・・俺が傷を負わせたあの女・・・緋桜閑を殺したのは。
純血種の血肉には強い力があると聞いた。手に入れたのか・・・それを・・・」
「聞いたって。他人事みたいだね。君だってよく知っているだろう。
僕の血じゃ君を本当に救うことはできないけどね。気の毒な錐生君。
それでも僕は好きな子を守れる君が羨ましいよ。
「話はまだ終わっていない。
まり亜が言っていた。純血種が本当に憎むべき敵がいると。」
「君が知る必要はない」
「お前・・・」
「そうだな。こうも考えられる・・・
君が優姫を守れるのは、僕の血が君の中で生きているから。
君じゃなく僕が優姫を守っているのと・・・同じだ。

「・・・ふざけるな・・・」

「俺の中で生きる玖蘭枢の血・・・
玖蘭枢の血を吸って、糖分の渇きは癒えたはずだ。
なのに・・・優姫を欲しいと思った。」

優姫を失う夢を見て、目覚める零。
そこに偶然いた優姫・・・

俺は・・・この優しい手と笑顔が欲しいんだ。
そう思い、優姫にキスしようとしますが・・・
寸前でストップ。

■令状
元老院から届く、零への令状・・・

■総評
枢vs零の関係がおもしろいですね。
零の優姫への思いが本気になってきましたし♪
優姫が1話よりも図々しくなってきて、たまにちょっと気に障りますね・・・・(;・∀・)(ぁ
やっぱり瑠佳さんが色っぽくていいっす( +・`ω・´)b☆(ぁ

次回「永遠の約束~パラドックス~」

よろしかったらクリックお願いしますw
スポンサーサイト
[2008/10/08 16:43] アニメ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪10/9 雑記「1週間」 | ホーム | とらドラ! 第1話「虎と竜」≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://closegame.blog15.fc2.com/tb.php/1113-a5f2c0a9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。